株式会社新生工業 採用サイト


先輩社員登場


藪木 龍之介
2018年新卒入社(関西高校卒)
機械加工課

金型はひとつひとつがオーダーメイド。形状もサイズもいろいろです。新生工業で製作している金型は自動車産業向けなど、高精度が要求されるものばかりで、しかも、複雑な形状のものを得意としています。つまり、難易度の高い金型です。
大きいものはテーブルサイズくらいあります。一対の金型にはたくさんの部品が組み込まれており、これらをすべて含んだ総体を「金型」と呼んでいます。
私はマシニングセンタを使って、金型を構成するパーツを製作しています。一個のパーツが不具合を出すと、総体としての金型は能力を発揮しませんので、すべてのパーツに高精度が要求されるわけです。機械任せの仕事ではありませんので、自分のスキルを、もっともっと高めていきたいです。
新生工業は、全員の力で、ひとつの金型を完成させます。設計、加工、組み立て、試験。全員が自分の持ち場で能力を発揮して作り上げ、無事、完成した姿をみんなで取り囲みながら、しばしの達成感を分かち合います。このときに、この仕事ならではのやりがい、醍醐味を感じます。
私は機械加工からスタートしましたが、ゆくゆくは設計も、組み立ても、すべてこなせる諸先輩のようになり、会社に不可欠な人材になりたいです。
先輩方は我々新人に対し、とても丁寧に教えてくれます。単に仕事の指示を出すのではなく、金型の仕組みや加工のポイントなど、なぜそうなるのかをきちんと教え、自分たちをしっかりと育てようとしていることを強く感じます。期待に応えることができるよう、頑張りたいです。


山本 考一郎
2018年新卒入社(東岡山工業高校卒)
機械加工課

マシニングセンタを使っての機械加工を担当しています。マシニングセンタは、金属製品加工の主役ともいえる、重要かつ多機能な大型工作マシンです。高精度な加工が可能ですが、すべてが機械任せというわけではありません。 マシンの性能をいかに発揮させ、効率よく仕事をさせていくか、そこは我々オペレータの腕にかかっています。自分の分身みたいに自在にコントロールして、難度の高い仕事にもチャレンジしたいと思っています。
当社に入って初めてこの設備と対面し、まずは簡単な形状のパーツ作りから始めました。経験を積むほどに、自分でできる仕事が増え、自分なりに工夫したり、諸先輩から教えていただいたりして、責任をもって仕事ができるようになりました。時には上司から褒められることもあり、仕事の自信につながっています。
新生工業で一番気に入っているのは、会社の雰囲気ですね。皆さん、真剣に仕事と向き合い、プロ意識を感じます。反面、みんなで冗談を言い合ったり、ボケとツッコミがあったり、家族のような一体感、空気感を感じることが多々あります。同期の仲間たちとも、お互い意識しあいながら、技術向上に取り組んでいます。
工場内は快適です。工場全体にエアコンが入っており、快適かつ集中して仕事ができるよう配慮されています。スペースも広々。各機械設備もゆとりをもってレイアウトされており、圧迫感はありません。
ぜひ一度、新生工業の工場内を見学されることをおすすめします。快適な環境と、自分たちの雰囲気をぜひ感じ取ってください。



金光 一希
2018年新卒入社(東岡山工業高校卒)
設計部

設計の仕事をしています。専門的に言えば、CAM-TOOLを使って、製品の面張りなどをしています。この仕事は設計業務の中の一部分。今はとにかく、先輩たちの仕事内容を理解し、仕事の幅を広げて、先輩たちを、よりサポートできるようになりたいです。 設計はパソコンを使って行うわけですが、新人の私にも専用のパソコンがあり、先ほどのCAM-TOOLを使って作業をしています。
最初はとにかくわからないことだらけでした。先輩に教えてもらい、「自分でやってみようか」と言われてやってみたら、残念、うまくいきません。先輩からアドバイスをもらい、再度チャレンジ。おお、うまくいった。やった。・・・こんなことを繰り返す中で、だんだんと要点をつかめるようになって、それが達成感になり、自然と、新しいことにチャレンジする意欲もわいてきます。設計マンとしてはまだまだ駆け出しですが、いまはとにかく、チャレンジマインドで突っ走ろうと思っています。
仕事で分からないこと、つまづくことは多々あります。でもそれが自分を成長させる階段だと思っています。どうすればもっとうまく、もっと早くできるかを意識して、この仕事に取り組んでいきたいと思います。
先輩方は、明るく、優しく接していただき、感謝しています。皆さん若く、兄貴的な存在です。自分も、設計担当として、技術をより身に着けたら、自分たちに続く人材に、同様に接したいと思います。


光本 暉
2018年新卒入社(関西高校卒)
設計部

金型を製作するために必要なデータ作成の仕事をしています。工作機械のほとんどはコンピュータ制御で作動します。金型の部品形状を数値化し、そのデータを工作機械側に送ることで、自動的に加工してくれます。
ひと口に金型といっても、単純な構造ではなく、直線や曲線が入り混じった複雑な3次元構造で、実に多くのパーツが組み込まれています。パーツの集大成が金型であり、それぞれのパーツには重要な役割があります。自分の作成したデータが、狙い通りに作動してパーツに加工され、組みあがった金型が、国内外のさまざまな生産現場で活躍しているんだと思うと、大きなやりがいを感じます。
金型は自動車など大量生産される部品製造には欠かせない存在です。モノづくりの元となる部分を、我々の会社は担っているわけで、たくさんの製造業のもの作りに携わっていることに、社員のみんなはプライドを持っています。
私は新卒ですので、ゼロからのスタートです。基礎の基礎から教えてもらいました。まだまだ経験は浅いので、日々新しいことを身につけているという実感があり、毎日がとても充実しています。今後は、仕事自体を楽しんで取り組むことができるよう、実力を養っていきたいです。
新生工業は工場も事務所も真新しく、快適に働くことのできる環境が整っています。また、それ以上に、人間関係のいい会社だと思います。全員で「いい仕事に向けてまっすぐ」に取り組む姿勢がありますし、お客様に満足してもらいたいというハートがあります。わからないことがあればすぐに上司や仲間に聞くことができます。私にとっては、働きやすく、日々、やりがいを感じさせてくれる職場です。



岡田 航希
2018年新卒入社(岡山工業高校卒)
設計部

もともとCADに関心があり、設計関係の仕事に就きたいと思っていました。CADは現代のもの作りの起点部分。コンピュータによるデザイン(設計)ワークそのものに魅力を感じたからです。
会社探しをする中で出会ったのがこの会社であり、新生工業がこだわる「設計とCAD/CAMの融合」という言葉。どういう意味なんだろうと思い、ホームページを読んでみると、自分のやりたいのはこれだ、と思い、入社を志望したわけです。
「設計とCAD/CAMの融合」とはつまり、金型設計の<川上部分>である「金型設計」と「CAD/CAMオペレーション」を分業化させることなく、合体させてこそ顧客本位の金型づくりが可能という、当社の考え方です。
したがって、新生工業では、設計者イコール、CAD/CAMオペレータ。逆に、CAD/CAMオペレータ、イコール設計者。ですので、当社は個人のスキルをどんどん伸ばすことに重きを置いています。
自分はいま、平面図と断面図を元に、ブロックの大きさや形状を決めたり、3Dの面データを操作していますが、今後、設計全体に深くかかわって、キーマンになることをめざしたいです。
金型は量産の要とも言えるものですので、当然ながら、精度と納期、この課題が常にあります。自分たちが作った金型を待ち受ける生産現場があり、期日が近づいてくると焦りも生じますが、そんな時こそ、心の余裕が必要。 しっかり気持ちを落ち着かせ、ひとつひとつの仕事を確実にやり遂げることが大切。仕事上のこんな心構えも、諸先輩方から教えていただきました。


河口 千枝
2017年中途入社(岡山大学工学部卒)
設計部

じつは私、リケジョです(笑)。工学部出身です。金属加工とか、モノ作りに直接関係した学科ではありませんでしたが、もともとモノ作りに興味があったのと、未経験でも指導してもらえるとのことでしたので、思い切って面接を受けました。
事前に、ホームページで会社のことを調べましたが、そのとき感じたのは、会社の雰囲気が明るく、みんなで一生懸命に頑張っている一体感です。
設計部門に配属されて、金型を加工するためのデータ作成や解析を担当しています。実際に初めて仕事をした時の第一印象は・・・「うーん、難しい」(笑)。正直、簡単ではありません。それはそうです。相手は高精度が要求されるオーダー仕様の金型製作データですから。
でも、わからないことがあって質問すると、理解できるまで丁寧に教えてくださいますし、いったん理解できると、自分一人でできる仕事領域が少しずつ広がるようになりました。さりげなく人を育てる職場環境に感謝です。
常に進歩するもの作りの世界で、大切なのは、私たち自身も常に考えながら仕事をすることではないでしょうか。なぜその作業が必要なのか、なぜこの金型にはこの形状が必要なのか・・・などをひとつひとつ考えた上で、仕事をすることで理解が深まり、それが糧となって次の仕事につながるのかな、と思います。
設計部には3人の新卒スタッフが加わりました。私自身、しっかりと力をつけて3人をサポートするとともに、設計チーム全体でいい仕事ができるよう、知識とノウハウを高めていきたいと思います。


先輩社員登場


岸本 真夕未
2016年新卒入社(ヒューマンアカデミー神戸校卒)
機械加工課

材料となる鋼材を、ワイヤーカット(放電加工)で設計図に従いカットする仕事をしています。金型を構成するパーツを作る作業です。加工の精度が後の組み込み・仕上げ工程に大きな影響を与えるので、どんな角度で鋼材をセットすれば一番上手くいくかに一番気を配ります。うまくセットする事も大切ですが、上司に「セットが早くなったね」と言われた時はとてもうれしかったです。
職場には、女性は3人いますが、他の2人の方は事務職なので、製造の現場に女子はわたしだけ。女性が少ない職場だというのは入社前からわかっていましたが、とにかくもの作りが好きで、製造業に就きたかったので抵抗はありませんでした。
職場の雰囲気はあたたかく、先輩上司も優しくしてくれます。一度、加工で大きな失敗をしたときなどは、もちろん叱られましたが、言葉使いなどには気を遣ってくれてるのかな?と感じることもありました。
ただ、女性だからといって仕事に制限があるわけでもなく、自分のやる気次第でいくらでも成長できるという風土は、男性社員と変わりません。逆に女性ならではの気配りで活躍出来る場面もたくさんあります。
工場は新しいのですごくキレイでエアコン完備。キツいイメージの製造業ですが実際にはそんなこともなく、女性にも働きやすい環境を提供してくれる。そんな所もこの会社の魅力だなと感じています。
念願の製造業での仕事は楽しいし、部署関係なく仕事のこともプライベートのことも気軽に話せる、社員同士仲の良い職場ですが、やっぱり女子のいないさみしさは少し感じます(笑
早く、ものづくり女子トークができる仲間がほしいですね。


有友 裕己哉
2015年5月中途入社
組み付け、仕上げ

加工が終わった鋼材を、金型へと組みあげて、出荷できる状態へ仕上げる作業をしています。組み付けてできあがった金型を、プレス機で試し打ちをしてみて、そこでお客様の要望を満たしていないと判断すれば、試行錯誤の末、加工へ戻したりする事もあります。
中途採用でこの会社に入ったのですが、前職は保育士でした。 結婚を考えた時に、保育士の給料ではやっていけないと思い、収入アップを求めて転職をしました。製造業に特に興味があったわけではなく、最初は仕事の内容についても理解も特になく…。けれど、何をやるにしても、今までと違う業界へ飛び込む以上、初めての事なのには変わりなく、迷っていても仕方ないと覚悟は決めていました。 社長には初めから正直に、結婚したいこと、収入アップを求めて保育士から転職したいと思っていることを話しました。
最初は大変な事もありましたが、周りの人がみんないい人で、職場にはすぐに慣れました。
一つの金型を仕上げる作業は、ほぼ手作業で、自分なりに工夫を凝らしながらお客様の要望を満たせる金型に近づけていくのですが、時には一人で考えていてもいいアイデアがないこともあります。そんなときは一人で悶々とすることなく、先輩や上司に相談すると、自分では思いつかないような答えをもらえたりするので、スキルアップに繋がり、周りに頼ることの大切さも学びました。
先輩・後輩関係なく、仕事について相談しあったり、時には気軽に冗談を言い合ったりできる雰囲気にはすごく救われています。 いまでは、あの時に転職に踏み切った自分は間違っていなかったと、自信を持って言えます。