株式会社新生工業 採用サイト


先輩社員登場


堀 健太
2017年新卒入社(関西高校卒)
機械加工課

まだ入社して間もないのですが、マシニングで機械加工を任せてもらっています。一口で加工といっても、様々な加工種類、工具の種類があり、自分の工夫次第で仕上がりを改善する事ができる。そんな所にやりがいを感じています。
もちろん、まだまだ経験不足ですから、悩んだときはすぐ、上司や先輩に相談したりしています。今は、助けてもらう事も多いですが、そんな助け船を一つ一つ自分のものにしていって、今は思いっきり成長できるチャンスだと、思っています。
この会社を選んだ理由の一つに、ホームページに掲載されていた社長の言葉がありました。
「儲かるか儲からないか、ではなく、チャレンジすべきか、しないか。」(ホームページより)

この言葉を見たとき、『自分の事だ』と、思いました。自分の長所でもあるチャレンジ精神を存分に発揮できるのでは、と。そして、入社していま、その通りになっているなあと、感じています。
ぼくには夢があって、それは、祖父も、父親も、所有していた憧れのオールドカー『ハコスカ』のオーナーになることです。
欲しい車がある。そんな単純な夢ですが、ぼくにとっては大きな原動力になっています。
そのためには残業も頑張れますし、その分、確実にぼくの夢に近づく事ができる職場なので、ものすごくやりがいも感じています。
今は、一日でも早く上司や先輩に追いつけるよう、毎日の仕事に取り組んで、ぼくにとって大切な家族や、彼女から、認められるように努力を続けているところです。


岸本 真夕未
2016年新卒入社(ヒューマンアカデミー神戸校卒)
機械加工課

材料となる鋼材を、ワイヤーカット(放電加工)で設計図に従いカットする仕事をしています。金型を構成するパーツを作る作業です。加工の精度が後の組み込み・仕上げ工程に大きな影響を与えるので、どんな角度で鋼材をセットすれば一番上手くいくかに一番気を配ります。うまくセットする事も大切ですが、上司に「セットが早くなったね」と言われた時はとてもうれしかったです。
職場には、女性は3人いますが、他の2人の方は事務職なので、製造の現場に女子はわたしだけ。女性が少ない職場だというのは入社前からわかっていましたが、とにかくもの作りが好きで、製造業に就きたかったので抵抗はありませんでした。
職場の雰囲気はあたたかく、先輩上司も優しくしてくれます。一度、加工で大きな失敗をしたときなどは、もちろん叱られましたが、言葉使いなどには気を遣ってくれてるのかな?と感じることもありました。
ただ、女性だからといって仕事に制限があるわけでもなく、自分のやる気次第でいくらでも成長できるという風土は、男性社員と変わりません。逆に女性ならではの気配りで活躍出来る場面もたくさんあります。工場は新しいのですごくキレイでエアコン完備。キツいイメージの製造業ですが実際にはそんなこともなく、女性にも働きやすい環境を提供してくれる。そんな所もこの会社の魅力だなと感じています。
念願の製造業での仕事は楽しいし、部署関係なく仕事のこともプライベートのことも気軽に話せる、社員同士仲の良い職場ですが、やっぱり女子のいないさみしさは少し感じます(笑
早く、ものづくり女子トークができる仲間がほしいですね。



有友 裕己哉
2015年5月中途入社
組み付け、仕上げ

加工が終わった鋼材を、金型へと組みあげて、出荷できる状態へ仕上げる作業をしています。組み付けてできあがった金型を、プレス機で試し打ちをしてみて、そこでお客様の要望を満たしていないと判断すれば、試行錯誤の末、加工へ戻したりする事もあります。
中途採用でこの会社に入ったのですが、前職は保育士でした。
結婚を考えた時に、保育士の給料ではやっていけないと思い、収入アップを求めて転職をしました。製造業に特に興味があったわけではなく、最初は仕事の内容についても理解も特になく…。けれど、何をやるにしても、今までと違う業界へ飛び込む以上、初めての事なのには変わりなく、迷っていても仕方ないと覚悟は決めていました。
社長には初めから正直に、結婚したいこと、収入アップを求めて保育士から転職したいと思っていることを話しました。
最初は大変な事もありましたが、周りの人がみんないい人で、職場にはすぐに慣れました。
一つの金型を仕上げる作業は、ほぼ手作業で、自分なりに工夫を凝らしながらお客様の要望を満たせる金型に近づけていくのですが、時には一人で考えていてもいいアイデアがないこともあります。そんなときは一人で悶々とすることなく、先輩や上司に相談すると、自分では思いつかないような答えをもらえたりするので、スキルアップに繋がり、周りに頼ることの大切さも学びました。
先輩・後輩関係なく、仕事について相談しあったり、時には気軽に冗談を言い合ったりできる雰囲気にはすごく救われています。
いまでは、あの時に転職に踏み切った自分は間違っていなかったと、自信を持って言えます。


香山 大輔
2012年中途入社
プレス技術課

組み付けの終わった金型を、プレス機にセットして、実際に試し打ちをする作業をします。
金型の製作は設計や機械加工だけで完結することはなく、試し打ちをして、調整する。その繰り返しです。
そこには、数値には出ないほどの微妙な調整が人の手によってされる、職人技の世界があります。それは終わりのない挑戦だと思っています。
うちの会社には現役で活躍されている会長がいるのですが、そんな大ベテランでも時に悩んだりする事もある(笑。常に技術向上を目指して成長していける、そんな面白さがこの仕事にはあります。
「新生工業の金型は他とはちょっと違う。
そんな評価をお客様から頂く事を目指して、時には設計の段階からも口出ししたり…。設計から、加工、組み付け、プレスまでチーム一丸となって取り組んだ仕事が評価された時がやっぱり一番うれしいですね。
自分はまだまだですが、先輩達に支えられて確実に成長してきたと思っています。
いまでは部下達の育成にも関わるようになり、いろんな相談も持ちかけてもらえるようにもなりました。自分自身、上の人間に仕事の事については遠慮なく意見を言わせてもらって育ってきた面があるので、部下の声にはちゃんと耳を傾けるようにしています。
ダメな所はしっかり怒り、良いところはしっかり褒める。単純ですが、大切な事だと思うので、意識してやるようにしています。
忙しい時には残業が続き、メンバーはそれをやりがいと感じてもらえている部分もあるようですが、それだけではやはり良くありませんので、彼らにとってより働きやすい職場作りという事にも力を入れています。
成長を続けているこれからの新生工業で、新しく第2工場ができた時に工場長として貢献出来ることが、今の自分の目標です。